院長のブログ

HOME院長のブログ院内インプラントオペ

院内インプラントオペ

2019/10/26

本日の土曜日は、朝イチから、須田理事長のインプラントオペ
理事長は大事な天然歯の世界的共通認識を患者さんにお伝えし意識をキチンと共有しようと言う

①天然歯をむやみに削らない(ブリッジ)

②つなげない(連結冠)

③引っかけない(義歯のバネ)
世界共通認識を理解すると選択はインプラントの有用性の高さは浮き彫りに‼︎
本日のオペは切開から縫合まで20分で終了(超短時間)(患者さんも楽ですね)
骨との密着度の計測するISQ値も80台‼︎(オペの成功率は自信がある須田理事長だからこそ公明正大に数値で表せます)
通常インプラントは一次埋入から4〜6ヶ月後に生着するので、それまで歯が無く噛めない状態が続きます..須田理事長のインプラントオペは常に患者さんに寄り添い可能な限り早く噛めるように鍛錬を重ねています。本日の患者さんもしっかり成功したオペで、1ヶ月半後には最終補填物の型取りです。
痛みもなく、短時間で終了オペに患者さんも満足されています^_^
オペスタッフも横岡衛生士長を中心に石川第1アシスタントによる前準備が余念なく、良きオペに繋がりました。ご苦労様でした。