03-3367-6480 診療時間 9:00-19:00 休診日・日曜/祝日

根管治療

虫歯が進行して神経(歯髄)にまで到達している場合、歯と神経の感染している部分を完全に除去する根管治療を行う必要があります。根管治療は、深い知識と高い技術力を要求される治療です。根の部分まで伸びていて細く、複雑な形状をしているため、正確な診断も不可欠です。当院では、CT検査によって根の長さや形状、炎症の範囲や状態を正確に把握して診断しています。その上で歯科拡大鏡を用いて肉眼では確認できないレベルの精密な治療を行っています。充填、土台と被せ物、そして噛み合わせのコントロールまで丁寧に行うことで、患者様の健康な状態の歯をできるだけ長く保てるようにしています。

根管治療について

むし歯が進行して神経も冒されてしまっている場合、むし歯菌に感染している部分の歯と神経を完全に除去する根管治療が必要になります。目視できない部分であり、複雑な形状をしているため、正確な診断が必要ですし、歯の残された部分を守るために高い技術力と深い知識が不可欠な治療です。

正確な診断のために

根管治療を成功に導くためには、まず根の長さを正確に計ることが重要です。CTがありますので、複雑な根の部分の状態をしっかり見極めることができます。

根管内の無菌化

診断後は、根管内をきれいに洗浄・殺菌・消毒して可能な限り無菌化します。目視できない複雑な根管をどれだけきれいに無菌化できるかで、残された歯の寿命が大きく変わってしまいます。当クリニックでは正確な診断をもとに、感染した部分を丁寧に取り除いて無菌化しています。

根の充填

無菌化したら、根を充填します。当クリニックでは根管治療の保険診療でも根充に純度100%のガッタパーチャを使い、難症例の場合にはMTAセメントを使っています。

根管治療のゴール

根管治療のゴール=根管内の無菌化+咬み合わせのコントロール。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、
新大久保歯科医院まで。
まずはお気軽に
お問い合わせください。

PAGE TOP