インプラント治療

HOME診療案内:インプラント治療

インプラント治療とは

自分の歯以上に硬い物を食べることができます。

インプラントとは、歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合に、義歯が簡単には外れてこないように、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のことを言います。
従来は歯を失った場合には、ブリッジ(なくなった歯の両隣の歯を削ってない部分の歯をつくること)、取り外しの義歯(入れ歯)を作っていましたが、ブリッジについては失った歯を作る為に両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなったり、また、取り外しの入れ歯は堅い物を噛むと痛みがあったり、噛む度に入れ歯が動いたりして、必ずしも快適な使用感が得られる訳ではありません。

「歯をむやみに削らない、つなげない」

しかし、インプラントは、顎の骨に人工歯根となる金属を埋め込み、その上に天然の歯と同じような人工の歯を取り付けるため、他の歯を削る必要もなくまた固定されるので自分の歯と同じように固い物を食べることができます。

治療の流れ

  1. 診断と治療計画

    • 全身的な診査
    • 口腔内の診査
    • X線やCTによる診査
    • シムプラントによるインプラント診断
    • 以上のような診査、診断、治療計画について患者様に説明を致します
  2. インプラントの埋入手術前の処置

    • 残存歯のむし歯の治療
    • 歯周病の治療
    • 場合によってはインプラントを埋入する顎骨の骨造成術など(インプラント埋入と同時に行うこともある)
  3. インプラントの埋入手術

  4. 治癒期間

    この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。(3~6ケ月)
    ※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。
    ※この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。

  5. 人工歯の装着

  6. メンテナンス

    インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な健診が不可欠です。正しい歯磨きをこころがけ、半年に一度、定期健診を受けるようにしてください。

当院ではより安全で確実なインプラント治療をすることができます。

最新のCT診断ソフト「シムプラント」について

当院ではインプラント治療のために開発された最新のCTソフト「SIM/Plant」を導入しています。患者様に提携病院須田歯科クリニック(浅草橋)、メディカルスキャン(新宿、池袋etc)にてCTを撮影していただきます。このCTを「シムプラント」により解拆し、顎骨の解剖学的形態や骨の密度などを知ることができより確実で安全な手術をすることが可能になります。