終業後に義歯改造(もっと噛める義歯を)研修を須田医師の指導のもと患者さんにご参加いただき行いました。奥歯でしっかり噛める義歯は体のコアとなり、フラつきや脳萎縮、消化管、口腔内環境のダメージを改善します。旧義歯を改善すること2時間半。診療後の疲れも忘れ皆真剣に取り組みます。ご協力頂いた患者さんも長時間の治療にも関わらず『しっかり噛める喜び』にご満足されていました。次の課題は基礎が固まった噛み合わせの現状維持です。

義歯の人工歯は樹脂性で残念ながら長持ちしないのです。今を維持し義歯や体の劣化を防ぐ為に人工歯の噛み合わせ部分を金属に置き換えるメタルアップが必要になります。残念ながら保険治療には適応がなく自由診療の領域です。自分の体に投資する価値観をどう考えられるか⁈..患者さんの領分ですね?

私達歯科医師は最良の医療を提供できるよう鍛錬しています。

ご相談ください

院長

 

新大久保歯科医院