審美歯科 | 診療案内

HOME診療案内:審美歯科 | 診療案内

審美歯科

審美歯科とは、虫歯や歯周病といった「歯の病気」の治療とは少し異なります。
欠けてしまった歯並びや歯の色などを整え、審美性(見た目)を回復させ、より美しい口元を作る治療です。
気になる部分の歯を削り、人工の歯を装着することで自然の歯に近い、白く美しい歯を手に入れることができます。金属を使用しない素材を装着すれば年月がたっても黒ずみしません。

症例

症例1-1:【30代男性】審美障害・見た目をきれいにしたい 右上12左上123 e-max(ステイン法)装着

症例1-2:【30代女性】右上12左上12 e-max(ステイン法)装着

症例1-3:【60代男性】右上5のブリッジを治したい(インプラント埋入)、左上7に歯を入れたい(インプラント埋入)

症例1-4:【30代男性】思いっきり笑いたい・前歯をきれいにしたい ジルコニア(レイヤリング法)装着

症例1-5:【70代女性】前歯をきれいにしたい e-max(ステイン法)装着

症例1-6:【20代男性】e-max(レイヤリング法)装着

症例1-7:【70代男性】上下前歯の審美障害の為、e-max(ステイン法)装着

症例1-8:【50代男性】ウォーキングブリーチ(神経をとってある歯)

症例1-9:【50代女性】主訴・前歯4本の根が見えるのが気になる。現在左上12の2本のみ歯肉移植。根面被覆(Root coverage)口蓋(上顎)から歯肉を採取し、露出している根面に歯肉を移植し被覆。